代表者挨拶

オルタナティブ投資が本邦に於ける資産運用業界発展の一助となるという強い信念の下、当社は2001年12月に「ジャパンオルタナティブ証券株式会社」として三井物産株式会社の100%出資にて発足致しました。発足後15年その信念は変わらず、当社は三井物産の国内外におけるネットワークを活用すると共に当社独自の商品目利き力を研鑽し、投資家の皆様のニーズに合った商品や仕組みの発掘・開発・提供、また投資後のアフターサービスの提供等で皆様のお役に立つことを願い励んで参りました。

そして今般2017年4月より、当社は三井物産グループの金融事業における中核子会社として「三井物産オルタナティブインベストメンツ株式会社」へと社名を改め、よりスケールアップしたオルタナティブ投資の総合会社への進化を目指します。

資産運用業の高度化に伴い、投資家の皆様のニーズの拡大・多様化が進む中で、オルタナティブ投資の総合会社にはより幅広い投資商品・仕組みの開発、よりきめ細やかなサービスの提供が求められていると認識しております。 当社は引き続きオルタナティブ投資分野のプロとしての責任と自覚を以って独自の目利きに一層磨きをかけ、また三井物産グループとの更なる連携により様々な幅広い商品・提案の御提供を行なうことで、オルタナティブ投資分野におけるリーディング・カンパニーとなることを目指して参ります。従来からのヘッジファンド、プライベートエクイティ等の商品群に加え、不動産、インフラ、その他実物資産など、商社の多様な実業知見・実物資産・グローバルネットワークを活かした新たな投資商品を投資家の皆様へご提供していきたいと考えております。

常に新しい分野に挑戦する姿勢、プロとしての責任を持つことで社会の信頼に応え、オルタナティブ投資のみならず金融事業の発展に寄与する会社になるべく尽力して参ります。今後共皆様の御支援を宜しくお願い致します。

三井物産オルタナティブインベストメンツ株式会社
代表取締役社長  鴨崎 晃
代表取締役副社長 片山 敦司