新型コロナウィルス拡散下における弊社業務継続体制について
2020 年 3 月 27 日

春分の季節、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。

さて、新型コロナウィルスの感染拡大への懸念が高まる中、お客様の大切なご資産に係る業務の継続を図るため、令和 2 年 3 月 27 日 (金曜日) より、役職員全員を原則在宅勤務とすることを決定いたしましたのでお知らせをいたします。業務の中断や障害発生を回避するため、在宅勤務体制による役職員の新型コロナウィルス感染可能性の抑制が、結果としてお客様並びにお取引先様へのサービス提供継続能力の根幹をなすと考えております。

在宅勤務体制開始にあたり、以下の方策を講じて参りました。

  1. 社内と同等の在宅時業務インフラを全役職員に供給
  2. お客様並びにお取引先様との通信連絡手段の構築
  3. 業務指示/意思決定を遅滞なく実行できる、複層的な通信手段の構築
  4. 策定済みの事業継続計画 (BCP) の適用と継続的な BCP 見直しの実施
  5. 在宅勤務演習の実施と課題への対処 (3 月 11 日 ~ 3 月 26 日に全社員が実施済み)

上述の方策により、役職員全員が自宅にて会社貸与パーソナル・コンピューターより電子メールへのアクセスが常時可能である他、日頃お使いいただいております業務電話番号への着信は各役職員の携帯に自動転送されます。併せて、経営陣を中心とした緊急対応対策チームを設置し、在宅勤務体制上の課題に迅速に対処いたします。お客様並びにお取引先様にご不便やご心配をおかけすることのないよう、万全を尽くしてまいります。もし万が一にでも弊社の対応に課題や御不満の点がございましたら、何卒遠慮なくご指摘を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

皆様におかれましても、ご家族を含め、今環境下で安全かつ健康にお過ごしになられることを切にお祈り申し上げます。


三井物産オルタナティブインベストメンツ株式会社
代表取締役社長 三井高輝

本記事の内容は発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承下さい。