アーカイブ

ウェストボーン社との業務提携にかかる覚書(MOU)の締結について
2014年5月21日

本記事は社名変更前に発表した記事を転載したものです。
本記事の内容は発表日時点の情報です。

ジャパンオルタナティブ証券株式会社(代表取締役社長 片山敦司)は、ウェストボーン・クレジット・マネジメント社(本社:オーストラリア メルボルン、英語名:WESTBOURNE CREDIT MANAGEMENT LIMITED、代表者: Mr. David Ridley)と覚書を締結し、日本の機関投資家向けインフラ・デット・ファンドの組成/運用について検討を開始する事に合意いたしました。

今回の合意により、2007年から日本でインフラ・ファンドの取扱いを開始した当社の経験・ネットワークと、ウェストボーン社のインフラ・デット戦略の運用に関する高い知見と実績を活かし、日本の機関投資家様にインフラ・デット戦略への投資機会提供のため、協働して参ります。

以上